マジで心の病気 同じものを買い溜めする私の異常な心理を自己分析

お金が全く貯まらない私のその一番の原因は、「買いだめ」「ストック癖」だと思っています。

別に新しい服やブランド物が大好きでもないし、(むしろ高い商品は嫌い)、化粧品などにも全く興味がないし、友達もいないので交際費など全くかかりません!

それなのに、お金が貯まらないのです。それは、好きな商品の同じものをたくさん買い込むのが大好きだからです。

同じものをたくさん買ってストックをためると安心する

災害などに備えて、食料品や防災用品のストックをある程度買ってため込んでおくのはだれでもやっている正常な行動です。

特に何が起こるかわからないこのご時世、様々な状況に備えようと先を見据えて準備をすることが多いです。そのうちのひとつが買いだめともいえます。

しかし私は、あきらかにいつ使うかわからないのに、「この商品は大のお気に入りだから」「今使っているものに傷がついたときのために、予備を置いておきたいから」と、消耗品でもないのに服や下着をたっくさん買ってしまうのです。

ふつう、服の予備なんて、せいぜい色違いを買うとかじゃないですか。同じものを2つ買うくらいなら、違うものが欲しいと思うじゃないですか。

でも私は、最高に気に入った服ならたくさんほしいと考えるのです。別の服なんていらないのです。

同じものをたくさん買って、たまにそれらを眺めた時にこう思います。

あやね
ああ、まだこんなにある!とっても安心!

むやみに買いだめをやめようとするのは無理!むしろなぜそうなってしまうのかを考える

  • 廃盤になってしまった時に、もうこれ以上の商品を手に入れることができなくなるのが怖い
  • 今使っているものがとても気に入っているのに傷がついてしまって、再び同じものが買えなくなるのが怖い
  • この商品はすごく着心地がよいから、この商品がなくなったときに不快な感覚に見舞われるのが怖い
  • この服を着ていると、自分がとても素敵に見えるから、この服のストックがなくなってしまって素敵に見られなくなってしまうのが怖い
  • もしかしたら急に紛失してしまうことがないともいえない。そんな突然の事態に備えて、余分に買っておかなければ!

などと、分析してみると、様々な恐怖心・執着心があぶり出されます!

どう考えても余分にいらないものをたくさん買ってしまうのは、単なる癖ではなく、本人や周りにも気づかない、心の闇があるのです!

買って安心するからとか、趣味だからとの一言で片づけられるものではなく、満足感の裏には不安がしっかり隠れているはずです。

家族の買い物依存症や、異常な大量買いを止めさせるために、怒ったり病院に連れて行って薬を飲ませようとしても、無駄だし治りませんよ。

私も親にだいぶ叱られましたけど、自分はダメ人間だとの自覚をさらに確信させてもらっただけです。

むしろ、何の解決にもならず、自分は異常なんだ・・・とさらに落ち込ませて悪化するだけ!

なぜなら、異常な買い方をしているのはいちいち他人に言われなくとも本人が十分自覚しているし、そういった人は自己肯定感がとっても低いので、他人に注意されることでとっても恥ずかしく感じ、そしてさらに自分を追い詰める悪循環で、どんどん心の闇が深まっていくばかりなのです。

買いだめは病気ではないけど・・・

ですが、異常な買いだめは、別に悪いことではありません・・・

借金をしてまで買うのはよくありませんが、人に迷惑をかけるわけでもないので好きにすればいいことだとも思います。

周りから見れば無駄なことをしているなというだけであって、犯罪でも何でもありません!

でもこの記事で書きました通り、異常な買いだめの裏には自己肯定感がとても低い・恐怖心や不安感があります。

買うこと自体よりも、まずはそのこと自体に目を向けるべきですよね。

なぜなら、この自己肯定感が低いというのはほかのさまざまな分野にまでも悪影響を及ぼしているのは確かで、たとえば自分に自信がないから行動を起こせないとか、人生が詰んでしまっている可能性もあるのでは?と思います。

現にわたしはアラフォー実家暮らし独女ですから・・・

でも買うのはダメ!そんなだからダメ人間なんだ!と自分を責めるのではなく、そうしてしまう自分の心にもっと目を向けてあげることがまず大切なんじゃないかな、と思います。