派遣の顔合わせ面接はほぼ採用決定ってウソ?ホント?

こんにちは!

「元派遣社員のおねいさん」あやねです。

このブログの「派遣社員」カテゴリーでは、わたしの派遣社員歴約15年の経験をもとに、実話メインでお送りします。

さて、派遣社員として、派遣先に派遣されるうえでまず潜り抜ければならないのが、「顔合わせ」です。

派遣会社の営業さんとともに、派遣先の担当者の方とお顔合わせをするのですが、まあ実質は「面接」のようなものです。

顔合わせと言う名の面接が行われているので、実際は不採用となる場合もあります。

わたしも、これまでにたくさんの派遣先の企業と面接をしましたが、「不採用」となったこともありました・・・

では、「ほぼ採用決定」か、「不採用」それぞれどんな場合にそうなるのでしょうか?

派遣の顔合わせでほぼ採用となるケースはどんな場合?

応募する派遣先の企業は、すでに自分と同じ派遣会社から派遣されているスタッフが数人就業されている企業だった、というケースがあります。
こう言った場合、その企業は、その派遣会社からのみ募集をかけていて、その派遣会社で選ばれたスタッフのみと顔合わせをすることが多いので、

ほぼ採用となるケースが高いです。

つまり、派遣元と派遣先がお得意様な場合、派遣先は派遣元を信頼していますので、派遣会社が選んだスタッフがほぼ採用です。

派遣会社も派遣先の雰囲気などを、スタッフを通じてよく理解していますので、それに合ったスタッフを選考できます。

ですので、こういったケースは即採用となることもありますし、また聞いてた内容と違う!といったこともおこりにくいです。

わたしも、今まで即採用となったケースは、ほとんどこんなパターンでした。

派遣社員のわたしたちからしていれば、とても理想的な会社と言えます^^

派遣会社の社内選考を通って顔合わせまでたどり着いたのに、なんで不合格になるの?

実は派遣先での面接は行ってはいけないことになっているのですが、面接は当たり前に行われています。

即採用になることもある一方、どうして不採用になってしまうのかと言うと、派遣先の会社が、他の派遣会社にも声をかけていて、それぞれから何人か連れてこさせて、その中からよさそうな人を選んでいるからです!

派遣スタッフの出身派遣元が複数ある企業というのがこのケースに当てはまる可能性が高いです。

または、まだ派遣社員がいない企業もこのような選考方法を使って募集をかける可能性もあります。

このような企業に当たってしまった場合、応募する私たちにしてみれば、派遣元、派遣先と2度面接を受けるような気分です。

派遣会社の社内選考で選ばれて、喜んだのもつかの間、派遣先での顔合わせ後、「今回は残念ながら・・・・」なんて断られた時には、なんだか非常にやるせない気分になります。

しかも、派遣会社は「他社との競合で負けました・・・」なんて言いませんし、言葉を濁した説明を返されるので、かなりもやもやした気分が残ります。

派遣先での事前面接は派遣法に違反していますので、違法行為となるのですが、それでも当たり前のように行われている理由は、しょせん派遣会社の立場が強くないからです。

おたくの会社は派遣法に違反している!事前面接を控えるべき!なんて訴えたら、

「じゃあそちらには依頼しないよ!」ってなりますよね。

派遣先の企業からしてみれば、派遣会社はいくらでもありますので、うるさいことをいう派遣会社よりも、大人しくスタッフを連れてきてくれる派遣会社がいれば当然そちらを選びます。

そして派遣スタッフであるわたしたちが、派遣会社に強く訴えてもまったく効果はありません。

そうです、強く言えば、「じゃあ他のスタッフを・・・」ってなって、社内選考から外されるのが落ちです。

派遣社員として働くことを選択するのであれば、わたしたちは現状このシステムを受け入れるしかないのですが、すごく納得がいきませんよねぇ・・・・

まあ、こういった事情もありますので、面接を受けたあなたが悪かったとは必ずしも言えません。

不採用にされた企業とは縁がなかったと割り切って、さっさと気持ちを切り替えて次に行きましょう(^^