派遣社員がクレジットカードを申し込んだ時の電話審査方法は?

クレジットカードやローンキャシングを新規で申し込んだ時には、在籍確認があります。

つまり、申込書に書いた勤務先に、本当に所属しているのか。を、クレジットカード会社がその勤務先に電話をかけて、チェックするということなんですね。

嘘なんて書くわけないし、クレジットカードを申し込んだことなんて、プライベートなことなんで勤務先の人にあんまり知られたくないような気がするんですが、そうしないと審査に通らないので仕方がありません・・

でも、一般の社員なら普通に勤務先に電話してもらえればいいと思うんですが、では、勤務先と雇用元が違う派遣社員の場合は、どちらに電話してもらえればいいのでしょうか?

そもそも在籍確認ってあるの?

わたしはクレジットカードを過去に3度作ったことがありますが、在籍確認があったのはそのうち1度だけだったと記憶しています。

ということは、クレジットカードの審査では、在籍確認をするということになっているけど、必ずしもそうではない、しないこともあるということになりますよね。

おそらく、カード会社によってか、あるいは初めてカードを作るので信用情報が定かでない、な場合に在籍確認を行うものだと思います。

ですので、審査=在籍確認必須というわけではないようです。

派遣社員のクレジットカード審査の在籍確認はどうやって行われるの?

クレジットカードの在籍確認は、現在では個人情報保護のため、クレジットカード会社を名乗るのではなく、あくまでも個人名を装って行われることが一般的のようです。

ですので、あからさまにカード会社から電話がかかってくることはまずないのですが、それでも普段そんなに自分宛に電話がかかってこない職場だと、なにかあるのかななんて思われたりしてしまいそうです。

さて、派遣社員の場合の在籍確認ですが、これはもう明確。あくまでも、お給料を支払っている、雇用元があなたの雇い主です。派遣先ではありません。

つまり、仕事をしているのは別の職場だけど、所属は派遣会社ですので、在籍確認は派遣会社あてに電話をかけてもらうのが正解です。

もちろん、クレジットカードの申込書の勤務先にも、会社名は派遣先ではなく、派遣会社を記入します。

派遣社員のクレジットカード申し込みの在籍確認の注意点

ただし、派遣会社に在籍確認の電話をしてもらう場合に注意点があります。

派遣先ならともかく、派遣会社に自分宛に電話がかかってくることって、普段まずないです。

ですので、クレジットカードを申し込んだ場合、派遣会社の担当の方に「在籍確認の電話があるかもしれない」旨をあらかじめ伝えておく必要があります。

これをしないと、もしも電話に出た派遣会社の担当者があなたを知らない人だった場合、在籍確認がとれないことになってしまう場合もありますので、気を付けておきたい所です。

わたしは、クレジットカード会社から、事前に携帯に「今から在籍確認の電話をします」との電話がありましたので、その直後に派遣会社に連絡し、「今から在籍確認の電話があるようなので、お願いします」と伝えました!

派遣会社にそんな電話をするのは何となく嫌・・・って思うかもしれませんが、大丈夫です^^

社会人ならクレジットカードを申し込む人なんて普通にいますし、派遣会社の方も慣れているようで、「あ、わかりました~。じゃあ対応しておきますね!」ってな感じで、とてもスムーズに終わりました。

そして、数分後。クレジットカード会社から連絡があり、「確認が取れました」とのこと。

ぜ~んぜん、なんてことなかったです!

そもそも派遣社員はクレジットカードを持てる・作れるの?審査に落ちるんじゃない?

派遣社員と言えば当然、正社員よりは雇用形態も不安定です。

その分、クレジットカード会社には、「安定した収入を得ている」とは見てもらえず、審査は若干不利になる傾向もあるかと思います。

しかしわたしは、3枚のカードすべて派遣社員の身分で申し込みましたが、あっさり通りましたよ!

多分実家で持ち家、固定電話がある、延滞の履歴がないというのがプラスになったんだと思いますが、派遣社員と言うだけで審査が大きくマイナスになることなんてないです。

でも、派遣社員でクレジットカードの審査に通ったということは、クレジットカード会社が派遣社員のあなたでも「十分に信用できる」と判断してくれて、これからその信用で買い物ができたり、お金を借りたりできることになるのですから、せっかくのその信用を台無しにしてしまわないように、正しく計画的に使いたいですね!

わたしはクレジットカード会社にも派遣社員で勤務したことがありますが、たった数回の過去の延滞だけでも信用情報に大きく傷がつき、車のローンに申し込めない人もたくさん見てきました。

クレジットカードの延滞情報は、その会社だけでなく、すべてのカード会社に共有されているのです。この重大さを意識しておかないと、「1度くらいいいや」と延滞したらそのたった1度が数年もあなたの「信用情報」の傷として残ってしまいます。

今後の人生に大きくかかわることですので、ご利用は計画的に(-_-;)